« 百薬の酎 No.47~No.50 | トップページ | 巨大ヒラタケ »

2010年12月 5日 (日)

イシガニの中華風

Dsc09998
2週間前に掬ったイシガニ。

このところ仕事は忙しくなく、釣りに行く時間は十分ある。
しかし、自営業というのは忙しくないと元気が出てこない。

それでもこの週末は釣りに行くつもりだった。
が、またしても週明けに欲しいという急ぎの仕事が入ってきた。

今日の記事はハゼを釣って天麩羅を食べる話しだったのに・・・
(獲らぬ何とかか・・・笑)
と、こんな時のために残しておいた海ネタを。

Dsc00030_2
イシガニはいつも決まって茹でて食べる。
だが、若い息子はたまに違った食べ方が良いと言う。
そこで中華風に炒めて食べる事にしてみた。

まずはイシガニをざっくり切る。
因みに甲羅の下にあるエラ(包丁の刃先部分)は食べない。

Dsc00033_2
そしてあり合わせの野菜と一緒に中華味で炒める。
見た目は良くないが、味はかなり美味くできた。

だけど・・・食べにくい!!!

調味料が付いた殻を直に手掴みするのも何だか?
野菜にも小さな殻が入っていたりして口当たりが悪い。

さすがに、カニパスタも良いと言っていた息子だが、リクエストはなかった。笑

|

« 百薬の酎 No.47~No.50 | トップページ | 巨大ヒラタケ »

コメント

お料理がワイルドで(笑)とっても面白いですね~
このカニのお料理、なんだか楽しいです(笑)

投稿: すみれ | 2014年5月21日 (水) 10時31分

中華料理では一般的なようですよ。
でも食べにくいので、茹でてから剥いて調理するのが良いですね。

投稿: シーガルハウス | 2014年5月21日 (水) 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イシガニの中華風:

« 百薬の酎 No.47~No.50 | トップページ | 巨大ヒラタケ »