« フキのキンピラ | トップページ | 刺身は炙りで »

2010年5月30日 (日)

絶好の釣り日和?

Manaduru530
昨日か今日、仲間と釣りに行くつもりでいた。
昨日は雨模様と仲間が風邪気味ということで今回は中止。
今日になり、雨は降らないようなので息子と出かけてみた。

真鶴の磯はややうねりもあったが、雨の心配はなさそう。
風が少し強めだったものの寒くはなく、10時半頃釣り開始。

Manaduru530_1 Manaduru530_2
息子の1投目にホシササノハベラ、そして2投目にオオスジイシモチ。

Manaduru530_3 Manaduru530_4
私も1投目に種類が判らないカサゴ系で、直ぐ次にオオスジイシモチ。

と、幸先は良かったが、それからパッタリ。
しばらくして、私は貝を探しに行こうとした時に、息子に大きなアタリ。

しかし、海藻にからみ上がってこない。
ウツボではない、はっきりカサゴ系で、過去に釣った尺メバルに似ているとのこと。

慌てずゆっくりと対峙すること10分ほどか。
残念ながらハリス切れで幻の大物となってしまった。

Manaduru530_5 Manaduru530_6
“幻の大物となってしまった”と書いた通り、以後は小物ばかり。
かろうじて、23㎝ほどのカサゴが息子に1匹釣れたのみ。

Manaduru530_7 Manaduru530_8
それでもアタリは多く、リリースサイズは7~8匹釣れたろうか?
来年以降に期待するが、他の人に釣られないように言い聞かせてリリース。笑

Manaduru530_9
持ち帰りはこれだけで、アナハゼは猫にお土産。

最近の妙な天候に、私も少し風邪気味で咳が出ていたが強行した。
寒さが心配だったが、それほど寒くはなく、気分転換で良くなった気がする。笑

さて、次の釣行は何時になるやら。。。

|

« フキのキンピラ | トップページ | 刺身は炙りで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶好の釣り日和?:

« フキのキンピラ | トップページ | 刺身は炙りで »