« ミヨガを軟白栽培 | トップページ | 春のナラタケを探しに »

2009年5月11日 (月)

真鶴琴ヶ浜での釣り

Photo
昨日の日曜日、息子と友人親子で琴ヶ浜に着いたのは9時半。
大潮の琴ヶ浜は波もなく穏やかな海だったが、暑かった。

向かったのは奥の岩場で、ここは大潮しか渡れない。
天気は良すぎ、海も穏やかすぎで、カサゴは難しいかもと思いつつ10時釣り開始。

干潮は12時少し前。
それまで貝探しはせず釣りに専念しよう、といつもながら最初はそう思う。

1 2_2
開始早々息子が少し小振りのムラソイ、私には良型のキューセン。
活性は高く、小型のベラのアタリは多い。

この岩場には10人以上が渡っていて、時折竿が曲がっているのを見る。

3 4
ムラソイは最初の1匹だけで、後はササノハベラやオハグロベラ。
カサゴ狙いなので鈎が大きく、小型のベラに餌を取られる。

しかし、アタリがあるだけでも釣る気は出てくる。
私は珍しく昼まで釣り続け、カサゴは来なかったが23㎝の大型ササノハベラ。

昼食後も釣り続ける息子には1時頃カサゴが釣れ、リリースサイズとさらに1匹。
ここは曇りか雨交じりに、波が少しあったら面白そうだ。

7 8
2時半まで釣り、左が私達餌用の釣果で、右は野良猫餌用の釣果。

5 6_2
昨日は最後のワカメを採るのも目的の一つ。
良く探すとあちこちに生えているが、もう時期的には終わり。

9
そのワカメを探しているときに、浅場を散歩していたマダコ。
発見するなやいなや鷲づかみ。

10 11
今夜の肴はこれだ!自前のタコでたこ焼きだ!!!
これでもかと言うぐらいの大きさでぶつ切りしたタコを入れて焼く。

12 13
旨かったのは言うまでもなく、刺身も当然旨かった。
これだからもう、釣りと磯遊びは止められない。

昨日驚いたこと。

帰り際、遊んでいた人から友人に、ベラは食べられるか?と聞かれた。
話を私に振ってきたので、刺身や塩焼きで食べられますよと教えてあげる。

いっぱい釣れました?と聞くと、クーラーを開けて見せてくれた。
と・・・なんとそこには、キタマクラがキープされていてビックリ!!!

キタマクラの皮には毒があり、猛毒としている文献もある。
もし私がクーラーの中を見ないで、ベラは食べられますで通り過ぎたら?

恐ろしい・・・

|

« ミヨガを軟白栽培 | トップページ | 春のナラタケを探しに »

コメント

( ̄□ ̄;)ヌオッッッ!!

タコ焼き計画・・・

…負けてもぉた… ┐(´〜`;)┌ワラ


それにしても、猫用の魚とは・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

何だかんだ言っといて、やはり世話するのねヽ(・ω・`)ワラ

投稿: ☆min2☆ | 2009年5月11日 (月) 15時23分

いやーーー
自前のタコで作ったたこ焼きはホントに旨い!!!
カニ名人の先を越して嬉しいぜ。笑

猫用だと思えば、小さなベラも楽しく釣れちゃうんだよねえ。
何だかんだ言って世話しています。ハイ。

実は、猫の餌を釣るという目的が半分。笑

投稿: シーガルハウス | 2009年5月11日 (月) 16時01分

こんばんわ

タコいきましたか~さすがです
また、がっつりベラをキープされた・・とおもったら
猫ちゃん用でしたか(笑)

投稿: yamazaru | 2009年5月11日 (月) 21時31分

昼までは猫のために雑魚も狙っていました。
でも、カサゴ用のデカイ鈎なので結構苦労しましたよ。
小さな鈎だったらもっと釣れましたけどねえ。

タコはもう、偶然です。笑
これからは水中眼鏡で見ながら釣ると、タコやカニもGETできますね。

投稿: シーガルハウス | 2009年5月12日 (火) 08時58分

前回岩港に行った時に、磯遊びをしようと思ったのですが、
岩港はゴロタ場で、思ったように遊べませんでした。

わかめの根っこのめかぶが好物なので、
チャレンジしたいのですが、もう終わりですか?

投稿: OKNO | 2009年5月13日 (水) 08時55分

ワカメはほぼ終わりですけど、実際にまだ生えています。
今月中はまだあるかも?
岩港に行ったときは、石積み堤の周りに生えてましたね。

鎌を長い柄の先につけて採るんですが、簡単に採れる所は少ないかな?
打ち上げられたのを探すのが早いでしょう。
琴ヶ浜にも打ち上げられたワカメが結構ありました。
葉は硬くなってボロボロになりますから、メカブだけ切り取れば食べられます。

投稿: シーガルハウス | 2009年5月13日 (水) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真鶴琴ヶ浜での釣り:

« ミヨガを軟白栽培 | トップページ | 春のナラタケを探しに »