2018年11月26日 (月)

何時もいないのに

2299
 
港でちょっと釣りでも。
と、昨日出かけたら結構ファミリーが釣ってる。
 
珍しいなと見たらトウゴロウの群れ。
それにマルアジが混じっている。
 
トウゴロウなら帰り際にでも釣れる。
まずは岸壁のヘチを探る。
 
2300
 
1時間ほど移動しながら釣り歩いたが。
釣れたのはキタマクラとベラ。
残念なことに他のめぼしい魚種は釣れない。
 
で、トウゴロウとマルアジでも釣ろうかと。
車を停めたところに戻ったら。
 
あらら、群れはいなくなっている。
それでもポツポツ釣れることは釣れる。
でもマルアジや他が全くいないようだ。
 
30分ほどで晩酌用を確保し終了。
次はじっくり腰を据えて釣ってみるか。

| | コメント (0)

2018年11月10日 (土)

小魚介図鑑 5

My図鑑 Twitter https://twitter.com/MyZukan
アンドロイド用 My図鑑〜図鑑作成アプリ〜
iPhone用 My図鑑〜図鑑作成アプリ〜 
My図鑑フェイスブック公式ページ

※ カテゴリー別に分ける機能がつきました。

21

22

23

24

25

| | コメント (0)

2018年10月21日 (日)

小物は釣れず

2187
 
昨日の午後は様々な種類の小魚を釣ろうと海へ。
港より磯で釣ろうと出かけたが。
 
風が強く波もある。
いつも行く磯への遊歩道は先月の台風で通行止め。
それでも行くには時間も掛かるから磯は止め。
それにしても凄まじい台風だったようだ。
 
そしていつものように港へ。
まずコマセを撒くが、小魚は寄ってこない。
台風の後何処かへ消えちゃったのか?
 
2188
 
あまりにも釣れないのでぼんやり雲を眺める。
富士山のような雲が面白い。
 
30分後、やっとウルメが廻ってきた。
でもあまり釣れない。
他の目新しい小魚も釣れない。
 
2193
 
釣れた時間は30分ほど。
また釣れなくなり、結局1時間半ほどで終わる。
ウルメの刺身が食べられるから良しとしよう。
 
図鑑用の魚はキタマクラのみ。
他の小魚は何処へ行ったのだろう。

| | コメント (0)

2018年10月 4日 (木)

小魚介図鑑 3

9月23日の釣りは5種類しか釣れなかった。
先週は台風、今週末もまた台風の予報。
でも関東地方にはあまり影響が無さそう。
種類を多く釣りたいから、今度は港より磯が良いかな。

My図鑑 Twitter:https://twitter.com/MyZukan

アンドロイド用

iPhone用 
My図鑑〜図鑑作成アプリ〜 

My図鑑フェイスブック公式ページ

11

12

13

14

15

| | コメント (0)

2018年9月24日 (月)

釣りもキノコも不調

2072
 
昨日は昼前まで仕事をし午後は釣りへ。
いつもの真鶴港へ着くと珍しく人でいっぱい。
殆どが家族連れで、あまり釣れていないようだ。
 
ここで遅い昼食を食べながらしばらく見物。
30分ほど見ていたが、全く釣れていないようだ。
ならば釣りは後回しにしてキノコでも探そう。
 
2083
 
と、真鶴の森を歩くが、風もなく蒸し暑い。
こういうところを散策しているのに不快感。
これというキノコも目につかず、尚更不快。
 
それでも図鑑用に何種類か撮れたからまあ良いか。
そしてまた港へ。
 
3時頃になると帰る人も居て空きが出来る。
一応釣り座を構えるが、周りは殆ど釣れていない。
見て回るとウルメが少し廻っていたようだ。
 
小物を求めて釣り始めるが、その小物が居ない。
この季節は様々な幼魚がわんさか居るはずなのに。
餌も取られないなんてちょっと変。
 
そして粘ること1時間。
4時頃からウルメが廻ってきた。
 
しかし、群れは小さく食いもあまり良くない。
二人で1時間釣ったのにたった20匹。
 
図鑑用の小魚も何とか5種類釣っただけ。 
釣れないなあ。

| | コメント (0)

2018年6月17日 (日)

釣りの気分にはならず

1324
 
昨日は所用で小田原方面へ。
ついでに小田原漁港を見て。
それから真鶴まで足を延ばして釣りでも。
 
と、考えていたけど。
小田原漁港では釣りを楽しむ人が少ない。
と言うより殆どいない。
 
そう言えば最近。
釣りをする人が少なくなっているような。
 
私自身も、歳のせいもあるだろうけど。
昨年から釣りに対する気持ちが失せてきているような。
 
昨日は少し肌寒くもあって。
それから真鶴まで行く気が無くなり。
ここで帰ることにした。

| | コメント (0)

2018年3月24日 (土)

小イワシは

1014

午後3時に港へ行ったが釣っている人は少ない。
人が少なきゃ釣れていない証拠。

竿も出さずに一周りしたら。
一部で釣れていたが、釣れ始めたところなのか。

風が吹いて寒いから、無理して釣るのは止め。
小田原漁港産のイカを買って帰る。

| | コメント (0)

2017年10月10日 (火)

小カワハギは入れ食い

526

日曜は港に着いたのが昼。
まずはちょい投げを仕掛け、アミコマセを溶かしながら昼食。

相変わらずアイゴが群れているが数は少ない。
釣り人も多かったのであちこち分散しているのかも。
釣りたくはないが、釣れてくるのは猫用に持ち帰る。

527

上層〜中層はアイゴが多いので、カワハギは下層を狙う。
小さいのからやや良型までほぼ入れ食い。

大きめだけ選んでも20匹ほどは簡単。
画像は小さい方でリリース。

小さくてもそれなりの肝を持つ。
刺身と鍋が美味かった。(今回の雑魚料理は無し)

で、アイゴと小カワハギは良く釣れるのだが。
本命のシマダイは。

528

居ることは居るのだが、私が陣取ったところには居ないのか。
少し離れた釣り人を見ると、時々釣れているのが見える。

居ないはずはないと、あれこれ試してみるもカワハギとアイゴ。
結局釣れたのはこの1匹だけ。
餌が無くなる3時頃終了。

この日は釣り人が多く、いつもの所に駐車出来ない。
離れたところだから、他の釣り人達を見ながら帰る。

やはり、シマダイはどこでも釣れている訳ではなさそうだった。
次はシマダイのポイントを探りながら釣ろう。

| | コメント (0)

2017年10月 1日 (日)

本命は釣れず

514

土曜日の午後はシマダイの刺身が食べたくて釣りへ。

いつもの港で弁当を食べ、コマセをパラパラ。
しかし、集まるのはアイゴとカワハギの幼魚。
シマダイの姿は見えない。

その内集まるだろうとカワハギを狙うもサイズが小さい。
料理も出来ないことはないが、小さすぎて手間が掛かる。

カワハギはリリース。
どうしても釣れてくるアイゴは猫の餌に。

鰭の棘は全て毒がある。
少し大きくなったので、さすがに気をつけなくては。

先週良型のメゴチが釣れたちょい投げ。
こっちもまた不調でリリースサイズが3匹ほど釣れただけ。
それでも珍しいのが1匹。

511

アサリの餌で投げておいたら重い引き。
釣れたのはハコフグ。

調理が面倒だけど、姿造りでもしてみるかと持ち帰る。
昨年、雑魚料理で出したけど、姿造りにはしていないから。

3時間ほど釣ったが本命は釣れず。
何匹か姿が見えただけ。

夕方まで待てばウルメが期待出来る。
でも飽きたのでそれまで待てない。

持ち帰りは猫の餌にアイゴを30匹ほど。
棘は全部鋏で切った。
大きめのカワハギ5匹とハコフグ1匹。

| | コメント (0)

2017年9月25日 (月)

少し大きくなって

499

昨日はまた小物釣り。
港では相変わらずアイゴの幼魚がわんさか。
それに混じってカワハギと石鯛の幼魚。
ちょっと釣ると、2週間前より一周り大きくなっている。

タナは上層にアイゴ、中層にシマダイ。
そして下層にカワハギが多い。

シマダイとカワハギを狙うなら速く下に沈めた方が良い。
もたもたしてるとアイゴに食われてしまう。

今回は出来るだけアイゴを釣らず。
カワハギとシマダイを狙うが、そうは上手く行かない。
やはりアイゴは多く掛かる。

カワハギは濃いが、10㎝未満が殆ど。
まだ調理するには面倒だから大きくなれとリリース。

500

シマダイも今年は濃いような気がする。
これもまだ少々物足りないサイズ。
入れ食いだが小さいのが多い。

1時間ほどしたところで結構良い型が釣れてきた。
13㎝以上が釣れ最大は15㎝。
カワハギも13㎝が2匹釣れ、これはキープ。

2時間ほど経って飽きた頃。
トリックをちょい投げにしてトイレ。
戻ると25㎝のメゴチが釣れていた。

25㎝はここで最大級。
30分ほど狙ってみたら25㎝と22センチを追加。

501

持ち帰りはこれだけ。
この他、猫の餌に小さいのを20匹ほど。

リリースしたのもまた大きくなるだろう。
でも、カワハギとシマダイは来月後半まで。
アイゴはいつまで釣れるやら。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧