« 真鶴高浦の磯で釣る | トップページ | ナラタケの幼菌は »

2008年11月 4日 (火)

ササノハベラの一夜干し

Photo
日曜日に釣ったササノハベラを一夜干しにした。
何%の塩水に何分・・・などという面倒なことはしないで、塩を振りかけるのみ。

さて、このササノハベラは、アカササノハベラとホシササノハベラの2種があるという。
見分け方をここで見ると・・・

2_2 3
胸びれに届いた茶色の線からして、これはアカササノハベラのように見える。

4 5
こちらは先月釣ったササノハベラで、左がホシ、右がアカに見える。
ホシは内湾型、アカは外洋型という説もある。

1
食べる分にはどっちでも良い。
身が柔らかい魚だが、一夜干しは締まって美味くなる。
大きめの方が食いやすくていい。

|

« 真鶴高浦の磯で釣る | トップページ | ナラタケの幼菌は »

コメント

はじめましてhです。
良かったら遊びに来てください。
http://reikohino.jugem.jp/?eid=31#comments

投稿: h | 2008年11月 4日 (火) 21時39分

hさん、はじめまして。
kojiさんのお仲間ですね。
メジナの一夜干しも美味いんだよ。

投稿: シーガルハウス | 2008年11月 5日 (水) 08時45分

ベラの一夜干しですね^^
あの水っぽい身が、どのくらいしまるのか
想像がつきませんが、、

干し網かなんかで干すんでしょうか?


投稿: yamazaru | 2008年11月 5日 (水) 21時04分

干し網がいいですね。
塩加減や、風の具合で出来は様々。
色々試してみたらいいでしょう。

投稿: シーガルハウス | 2008年11月 6日 (木) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ササノハベラの一夜干し:

« 真鶴高浦の磯で釣る | トップページ | ナラタケの幼菌は »