« 菜園の手入れ | トップページ | ナラタケ »

2008年10月26日 (日)

夜の真鶴港で

Manadurukou_1
土曜日は仕事で出発が遅くなり、真鶴港に着いたのは5時半。
日が暮れるのが早くなって、既に暗くなっていた。

意外に夜釣りの人が多く、それぞれの堤防には2~3人が入っていた。
前回、泳ぐタイワンガザミを目撃した堤防にもイカ釣り師が二人。

まずは邪魔にならない所へカニマンションを1個投入。
もう1個は隣の堤防へ投入し、蒸しガニでの晩酌を想像し、期待だけは膨らむ。

Manadurukou_2 Manadurukou_3
30分後、上げてみるとベニイシガニが2匹で、本命はこれじゃないとリリース。
ここでイカ釣り師が帰ったので釣り開始。

30分ほどは何も釣れず、アタリさえもない。
アタリはなかったが、ぐっと思い感触にカニ? と、上がってきたのは弁当の殻。

1時間ほどして、隣の堤防に仕掛けたカニマンションを上げてみると・・・
なぜか中に入れたサンマが綺麗に無くなっている。
ウツボが入って、全部食ってから逃げた???不思議・・・

2時間の間にアタリらしきものは1度だけ。
通りかかった釣り人も、ネンブツダイぐらいしか釣れないと嘆いていた。

Manadurukou_4
ここで、アナゴが入った堤防に移動。
しかし、1時間いても何も入らず、ゴンズイさえも入らない。

潮が悪いのか?諦めも早く、8時半には撤収。
次回は朝から1日、磯で釣ってみるか。

Manadurukou
この星のような明かりは、キラキラ泳ぐ小魚の群れ。
旋回はウミタナゴのようだったが、これはボラの稚魚のようだ。
わんさかウジャウジャ泳いでいる。

釣りと籠は全くダメでも、ガソリンが安くなってまあまあ良い気分。
前回159円だったが、今回は144円で、さらに会員割引とセールで7円引き。
137円で入れたが、ずいぶん急激に下がったものだ。

|

« 菜園の手入れ | トップページ | ナラタケ »

コメント

大磯港は濁ってましたが、真鶴港も潮が良くないみたいですね
タイワンガザミは釣ってるのをみましたけど、籠には入りませんでした。なかなか取れないんですねえアレ・・

ガソリン代が安くなってうれしいですね♪

投稿: yamazaru | 2008年10月26日 (日) 14時55分

思い通りには行きませんねえ・・・
マゴチもねえ・・・

でも、まずまず釣れてるじゃないですか。

投稿: シーガルハウス | 2008年10月26日 (日) 17時47分

今年は、魚の時期が2ヶ月くらい遅れていると、
京都の漁師さんが言っていました。
するとまだまだガザミはいけますかね。
今週末は漸く釣りに行けそうです。
いざ、真鶴へ!

投稿: OKNO | 2008年10月26日 (日) 22時03分

そうなんですかねえ。
ちょっと諦め気分でしたけど、潮が悪かったんでしょう。笑
まだまだいけると信じて、また行くことにしましょう。

投稿: シーガルハウス | 2008年10月27日 (月) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜の真鶴港で:

« 菜園の手入れ | トップページ | ナラタケ »