« 空を見て | トップページ | オオシロカラカサタケ »

2008年8月24日 (日)

真鶴港で またカニは・・・

Photo
土曜日午後2時過ぎ、真鶴港へと秦野を秦野を出発。
珍しく早川で渋滞に遭い、真鶴港に着いたのは3時半頃。
雨が心配されたが、たまにポツポツ感じる程度。

真鶴港の岸壁には釣り人はいない。
それもそのはず、岸壁にはマイクロバスなどいつもと違う車が多く駐車。

1 2_2
目指す魚座対岸の堤防へ行く途中足止め!なにやら映画の撮影だという。
本番なので4~5分待って欲しいという。

しかし、4~5分どころか30分ぐらい待たされる。
担当者もすまなさそうだが、犬の鳴き声や、車の音などもNGなのだそう。
そんなおり、遊覧船のアナウンスもあったりして、本番は難しいのだろう。

3
待たされた時は船揚場での撮影で、当然近づくことはできない。
長いマイクが動き、怒声が聞こえると、本番が始まったらしい。

やっと堤防へ移動して釣りをしていると背後でまた撮影。
軽トラの荷台に乗った主人公???が走る去るシーンを何度も撮っていた。

映画は、クローズ・・・とか何とか言ってたが、忘れた。
根掘り葉掘り聞くタイプでは無いので、主人公が誰なのかも聞き忘れた。

4 5
さて釣りの方はというと、これがサッパリ。
前回は小物がわんさかいたのに、昨日はポツポツ程度。

餌はブラックタイガーとミミズだったが、どちらも同じようにポツポツ釣れた。
写真はミミズで釣れた魚で、ブラックタイガーには小メジナも。
昨日の狙いは魚よりカニで、カニマンションを入れたがイシガニさえ入らず。

6
暗くなってくると小魚のアタリさえ途切れ、小雨も降り出す。
カニ狙いならこれからだろうが、活性の低さに釣る気は失せて撤収。

7
最後に遊覧船桟橋でカニ掬いをしてみたが、ここでもカニの姿さえ見えず。
そこで雨が強くなり瞬く間に濡れてしまい、カニ無しで撤収。

すっかり暗くなったが、撮影はまだ続いているらしく大きなライトが灯っていた。

柳の下になんとやら・・・カニを狙いにするのはいかがなものか?
予期せぬ獲物でいいのかも。

次回のテーマは、ミミズでメゴチとシロギス狙いにしておこう。

|

« 空を見て | トップページ | オオシロカラカサタケ »

コメント

私はその日12時30分頃撤収でした。
撮影の人たちが沢山いて、落ち着かなかったですね。
ワタリガニを期待したのですが、
カニ籠でイシガニとイソスジエビが獲れただけでした。

嫁は遊覧船桟橋手前の釣り船用桟橋で、
チョッと大き目のカニを目撃したそうです。
イシガニの味噌汁は美味しかったけど、ワタリガニを食いたい。

投稿: OKNO | 2008年8月25日 (月) 12時18分

なかなか思うように入ってくれませんね。
奥さんが目撃したのはワタリガニでしょうかねえ?
そこでは、イシガニも大きめでしたよ。

投稿: シーガルハウス | 2008年8月25日 (月) 12時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真鶴港で またカニは・・・:

« 空を見て | トップページ | オオシロカラカサタケ »