« 冷たい味噌汁とお茶漬け | トップページ | 同年代が逝く »

2008年7月28日 (月)

早川港でカニ掬い

Photo
このところ毎週末の海遊びだったが、この土曜・日曜ともびっしり仕事。
さすがに無理かと思って諦めていた。

が、土曜は仕事を6時で終えた時、今から早川港ぐらいならと・・・
早川港の夜はどんなものか?偵察も兼ねて・・・などと理屈を付けて出かけた。

1 2
早川港に着いたのは6時45分頃、薄暗くなってきたとは言えまだ明るい。
この時間帯が一番見えにくい。

3 4
見えにくい時間帯でも、イシガニをすぐに見つける。
やがて暗くなり、ライトを当てると見えやすくなってくるが、少し濁って見えにくい。

5 6
赤いベニイシガニをGET、抱卵したイシガニはリリース。
岸壁を覗き歩くが、蒸し暑さが肌にまとわりつき、汗がじっとり。

7 8
カニの他にはゴンズイの子供やキタマクラ。
あちこちでゴンズイ玉と呼ばれる群れがいて、掬うのは容易い。

9 10
これはイザリウオで、何度か掬ったことがあるが、珍しいかも。

1時間半ほど探し回ったが、真鶴港に比べると数も少なく型も小さめ。
もっとも、港の半分程度しか見ていないが。

移動時間を合わせて3時間のお遊び。

11 12
イシガニとベニイシガニは茹でると判らなくなる。

13 14
ひっくり返すと裏が赤いのがベニイシガニで、こっちの方が美味い気がした。
酒を呑みながら剥いておき、最後にカニキムチご飯。

|

« 冷たい味噌汁とお茶漬け | トップページ | 同年代が逝く »

コメント

カニ掬いたいですね。
ヤフオクで4mのタモ網を購入したので、
ようやく海を掬う楽しみが増えました。
(でもなぜか、偏光グラスをしても海の底が見えないのですが)
実際は海の中まで目の利く嫁の遊び道具となるでしょう。

イザリウオには憧れていました。
子供の頃から変わった生き物が好きで、
図鑑で見たり、水族館で見たり、
できることなら飼ってみたいものだと思っていた生き物のひとつです。
ウミテングやダンゴウオなども憧れの生物です。

早川の内港にも棲息しているんですね。
何とか海の底が見たい。

投稿: OKNO | 2008年7月28日 (月) 09時45分

4mあれば問題ないですね。
あとは奥さんの“目”をきたえましょう。

これからの時期は熱帯魚なんかも泳いでいますよ。

投稿: シーガルハウス | 2008年7月30日 (水) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早川港でカニ掬い:

« 冷たい味噌汁とお茶漬け | トップページ | 同年代が逝く »