« 早川港でカニ掬い | トップページ | 生ゴミからジャガイモ »

2008年7月30日 (水)

同年代が逝く

1_2
夕暮れの戸川公園

昨日、取引先のO氏が亡くなったと、その家族らしき方から知らせがあった。
肝臓を患っていたと言うが、そのようなことを聞いたことはない。
2ヶ月ぐらい前に電話で話したが、もちろん仕事の話だった。

O氏からは、年に1・2度仕事の依頼がある。
会うのも年に1度くらいだが、電話はたまにある。
仕事以外の話も多く長話だったが、私生活の話は聞いたことがない。

話したくないような雰囲気なので、無理に聞くこともなかった。
半年ほど前に、息子は全く別の仕事をしていると聞いたぐらい。

2 3

私は今、56歳。
彼の歳も、あえて聞いたことはなかったが、おそらく同年代だろう。

聞いたときは驚き、詳しい話は聞かなかったが、いつ入院したのかと疑問?
2ヶ月前は仕事をしていたはずだ。

4 Photo

我が親族は長生きも多く、また闘病生活が長いのも多い。
たとえ若くても、それまでの運命なら闘病は短い方が好い。

突然倒れ、そのまま逝きたいと思うが、仕事先に迷惑をかけるのは避けたい。
仕事を終えてから、短い入院で逝くのが理想的かも。

今のところ命に関わるような病気はなく、血圧は少し痩せたら落ちてきた。
当面、自分にはそのような事態に陥ることはないと信じている。

無念だったであろうO氏の分も、長く仕事を続けながら生きてやろう。

南無。

|

« 早川港でカニ掬い | トップページ | 生ゴミからジャガイモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同年代が逝く:

« 早川港でカニ掬い | トップページ | 生ゴミからジャガイモ »