« 梅雨の合間に震生湖へ | トップページ | 真鶴港で半夜釣り »

2008年6月29日 (日)

真鶴港で、また網掬い

Photo

仕事は忙しくなったが、閑だった時点で土曜日は真鶴へ行くと決めていた。
そこで朝早めに仕事を始め、昼休みもそこそこに、4時前に終了いざ真鶴へ。

1 2
この日は網掬いより半夜釣りが目的だったが、岸壁を覗くと大きな貝が見える。
横にイシガニも見えたが、小さい味噌汁サイズなので今回は獲らない。
愛用の長い網を取り出し掬い取る。

3 4
前回はカニばかり探したが、よく探すと貝も多く、大きなナマコまで獲れた。
イシガニも多く見られたが、小さいサイズばかりなので獲らない。

この後釣りをするが、この報告は明日。

5 6
暗くなってから、ライトで水中を照らし大きなカニを狙う。
大きなギンポが掬えたが、どうもこれは苦手だ。(美味しいと言うが)

30分ほどだけだったが、さすがに暗くなると大きなイシガニが出てくるようだ。
この日は前回より大きなイシガニが2匹。

ここでは他に親子連れと若者の2組が同じようにライトで網掬いをしていた。
親子連れは良く来るのだそうで、私の長い網に感心していた。

7 8
遅くまで楽しみたいが、翌日も仕事なので8時に終了。
帰宅は9時で、直ちに晩酌の肴造り。

風呂に入ったり忙しいので、この夜は貝の刺身、酢ナマコと茹でたカニ。
釣った魚までは調理できず、それは今夜の楽しみ。

※ナマコには少し港の香り、掬って食べるなら冬のほうが良いかも。

|

« 梅雨の合間に震生湖へ | トップページ | 真鶴港で半夜釣り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真鶴港で、また網掬い:

« 梅雨の合間に震生湖へ | トップページ | 真鶴港で半夜釣り »