« クローバーを食べてみた | トップページ | 梅雨らしい公園で »

2008年6月22日 (日)

雨の真鶴港へ

Photo
土曜日、日中は曇り空だったが夕方から雨の予報。
小雨ぐらいならと、仕事を途中で止め、雨が落ち始めた秦野を3時出発。
小田原までは気にならない程度の雨だったが、4時到着真鶴では濡れるほど。

1 2
それでもと、カッパを着て岸壁に立つも、雨で水中は見えない。
網を入れても、水面の高さが悪くイソスジエビも入らない。

3 4
ダメかなあ・・・と思っていたが、15分ほどして雨が止む。(日頃の行いだ!)
今回は餌を用意して、カニを見つけたら餌に食いつかせて掬う作戦。
餌を私が、掬うのは息子とコンビを組んでの作戦だ。

5 6
ところが、肝心のカニが見えない。
15分ほど岸壁を移動しながらやっと見つけたイシガニ。

しかし、目の前に餌を踊らせても食いつかず、逃げる様子まで。
何とか逃がさないでやっとGETしたイシガニは、ここではまずまずの型。

故郷でも、イシガニは漁の網に入ったし、泳いでも良く獲れた。
が、もっと大きな個体ばかりで、ここのイシガニは少し物足りない。

小さな個体が多く、リリースをしながら港を一周。
ポツポツ見つかるものの、全体としては少なくイシガニのみでガザミはおらず。

7 8
カニ以外に、水深1.5mでタコを見つけ、逃がしそうになりながらもGET。
歩きながら見つけたが、息子にあれだと言っても判らなかった。
やはり、見つけるにはそれなりの眼がいる。

前回、ガザミが獲れたところに放り込んでおいたカニ網にはヤドカリ。
ここではガザミどころか、イシガニさえ見つけられなかった。(柳の下に・・・)

カニ網に掛からなかったことからして、いなかったのか?
食い気がなかったような気もするが、暗くなるまで掬い続ける。

9 10
暗くなってからはライトで照らして水中を見る。
最大のイシガニをGETしたが、写真に写っていない。
息子がメバルを掬ってちょっとびっくり。

11 12
腰を曲げ、水中を覗くこと3時間で、イシガニは良型が2匹、まずまずが6匹。
タコ1・オニヤドカリ1・メバル1・イソスジエビ20ほど。

メバル以外全種入れてパスタを作ったが、旨かった・・・
(イソスジエビの何匹かが、少しかび臭いような、泥臭いのが気になった)

13 14
今回最大のイシガニは、故郷で捕れていた大きさに負けない。
このサイズになるとさすがに食べ応えもあり、旨かったのは言うまでもない。

|

« クローバーを食べてみた | トップページ | 梅雨らしい公園で »

コメント

豪勢なことになってますね。
カニが羨ましい。

私は、大腸ポリープを取ったまでは良かったのですが、
ちょっと下血があり(汚くて済みません)、
その止血処置がうまくなかったようで、発熱と激痛で
切除の翌日寝込みました。
例年、翌日から酒以外は通常生活になるのですが、
その後も、絶食が続いたせいもあり体調が戻らず、
土曜日アタリからようやく普通の人間生活にもどりました。
結局10日ほどグズグズした感じで、とんだ災難でした。
酒はいつ解禁になるのやら。

投稿: OKNO | 2008年6月22日 (日) 18時21分

それは災難でしたねえ。
今度の週末は大丈夫でしょうか。
釣っても酒が飲めなきゃ、嬉しさも半減でしょうけど・・・

投稿: シーガルハウス | 2008年6月23日 (月) 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の真鶴港へ:

« クローバーを食べてみた | トップページ | 梅雨らしい公園で »