« ツバナシフミヅキタケを食べてみた | トップページ | ナラタケが出た »

2008年6月 8日 (日)

真鶴港でカニ掬い

Photo
土曜日は昼過ぎまで仕事。
その後、夕方の釣りをしようと真鶴港へ。

1 2
なんと赤潮が漂い、餌のイソスジエビを掬おうにも見えにくい。

3 4
赤潮がないところを覗くと、イソスジエビが見える。
さらにカニの姿も見え、網で一掬い。

5 6
カニはイシガニでワタリガニ同様美味しいカニだ。
餌用のイソスジエビもかなりの大型で、餌にはもったいない。
話しかけてきた人と、エビフライが出来るなどと言って笑う。

ここで写真を撮っていると、オネーサンが話しかけてきた。
写真を撮らせてくれと言い、カメラのハナタツを見せてくれる。

ハナタツ・・・海の生き物たち・・・もしかして、栄寿司さんでは?
いつかお会いするのではと思っていたが、やはりお会いできた。

お客さんがいるのに、海の様子を見に来たのだという。
イシガニの写真は今日のブログに載ってました。

7 8
栄寿司さんによると、これからタイワンガザミが掬えるという。

底の方に、少し大きなカニが泳いでいるのが見えるが、網が届かず掬えない。
あれは多分・・・と釣り竿を取り出し、餌でおびき寄せることに。

作戦は的中、餌を挟んだカニを、そっと寄せて網で掬う。
やはり、タイワンガザミ。

9 10
こうなると釣りはそっちのけで、岸壁を覗いてはカニ掬い。
赤潮が回り、見えにくくなるまで掬う。
タイワンガザミが1,ガザミが2,イシガニは8。

11 12
ガザミとイシガニの違いは甲羅、菱形(上)がガザミで、丸(下)がイシガニ。
なかには丸い甲羅のガザミ類もいるが、一般的にはこれで見分ける。

小さめは味噌汁、大きめを塩ゆで、旨かったのは言うまでもなし。

|

« ツバナシフミヅキタケを食べてみた | トップページ | ナラタケが出た »

コメント

これはすごい!
蟹を腹一杯で、酒も一杯。
羨ましいです。
(栄寿司には行きましたか?)

私は土曜は深夜帰宅で出掛けられず、
今日(日曜)福浦港に行きました。
小雨の福浦でしたが、海がキレイでした。
福浦では今年始めてカにカゴを使いましたが、収穫なし。
他の釣果はブログにて。

今度は岩港を目指します。

投稿: OKNO | 2008年6月 8日 (日) 20時59分

カニは全然期待していなかったので驚きでした。
(釣りの方はさっぱり)
これからは、夜にライトで照らして狙います。

栄寿司さんには、まだ行ってません。
真鶴産の寿司、食べたいなあ・・・

投稿: シーガルハウス | 2008年6月 9日 (月) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真鶴港でカニ掬い:

« ツバナシフミヅキタケを食べてみた | トップページ | ナラタケが出た »