« 真鶴の磯で釣るも | トップページ | またハルシメジを探して »

2008年5月 7日 (水)

真鶴港でメゴチを狙うが

Photo_2
GWの5日、うねりで磯のカサゴ狙いは早々と諦める。

戻りがてら磯でジャリメを掘り、港内でメゴチ狙いのちょい投げ開始。
今夜はメゴチの天麩羅だと思い描き、投げるもののアタリすらない。
たまに釣れるのは極小ハゼ類ばかり。

隣の親子連れは小メジナをコマセで浮き釣り。
その浮き釣りに、なにやら光る魚が・・・

おお、小サバではないか。
30分ほどの間に、ポツポツながらもコンスタントに釣れている。

こっちは投げても投げてもメゴチは釣れず。
コマセを持っていないのでサバは無理だろうと思いつつも・・・

2_2 1_4 3_2
ついに、車に積みっぱなしだった昨年のサビキを引っ張り出す。
別竿にセットして小サバを狙うが、メゴチも諦めないのが欲深い。

4_3 5_3
釣り始めて数分、12㎝の小サバが釣れる。
コマセは無くても飽きない程度に釣れ、コマセがあると小メジナが多く釣れる。
必要無いようだが、群れを寄せるために、次は一応持って行くか。

小さなサバながらも、渓流竿だと大物気分?
2匹掛けや、この日最大の15㎝が掛かると実にスリリング。
同行した息子もたまらず小サバ狙い。

6_2 7_3
他に釣れたのは、小ムツ(左)と小メジナ(右)

8_2 9_3
4時半まで、2時間ほどの小サバ釣りは2人で60匹ぐらい。
その場で頭を取り、腸を出して持ち帰る。(結局メゴチは釣れず)

渋滞が予想されたので旧道を通るが、根府川辺りでこっちも渋滞。
それでも15分ほどで抜け、あとはスイスイ。

10_2 11_2
待望の晩酌には、餌になるはずだったエビと小サバのカラアゲ。
じっくりと揚げたので骨まで食べられ、すこぶる旨い。

さらに、驚くだろうがシメサバを作った。
小さくて身は柔らかく、かなり手間がかかったが、これがまた旨かった。
最後はこれで鮨を握り、小サバの味噌汁で満足。

注意:サバにはアニキサスという寄生虫がいることがある。
こんな小サバにもいるのかは分からないが、気を付けるに越したことはない。

|

« 真鶴の磯で釣るも | トップページ | またハルシメジを探して »

コメント

5日は結構人が出てますね。

子サバが釣れているという情報は、
小田原の早川港の釣具店で聞いていましたが、
今度トライしてみたいです。

15cmのサバだとグイグイ来て釣り味も面白いでしょうね。

投稿: OKNO | 2008年5月11日 (日) 09時07分

15㎝は2匹ぐらいだったかな?
もう少し大きくなると良いんですが。

昨日今日と雨で寒いけど、でも今止んだようです。
風が冷たいけど、行ってみようかな。

投稿: シーガルハウス | 2008年5月11日 (日) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真鶴港でメゴチを狙うが:

« 真鶴の磯で釣るも | トップページ | またハルシメジを探して »