« ハチノスタケから出汁 | トップページ | 乾燥アミガサタケ »

2008年3月20日 (木)

ホンダワラを乾燥保存

1
海藻ホンダワラ、上が若くて食べ頃で、下は成長して硬く、食べるには向かない。

この海藻は暖かくなると枯れて時期が終わる。
そろそろ終わりなので、保存してみたくなる。

2
これはさっと茹でてから干したが、緑色が良い。

3
こちらは水で洗い、そのまま生干し。

4
上が茹で干しで、下が生干し。
乾いたら見分けがつかなくなってしまったが、香りが強いのが生干し。

水で戻しても、どちらか見分けがつかない。
戻す時間も少々長く、茎は硬いので取り除いてから戻すのが良い。

5
戻して刺身のつまに。

Photo
味噌汁に浮かべるのも良いが、お椀に乾燥品を入れても戻るのが遅い。
味噌汁を作る段階の、最後に入れるのが良いだろう。

今週末仲間と真鶴へ行き、この海藻を教えてあげたいが、仕事になりそう。

今日の春分の日も仕事。
春の嵐になってしまって、仕事をするにはちょうど良い。

|

« ハチノスタケから出汁 | トップページ | 乾燥アミガサタケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホンダワラを乾燥保存:

« ハチノスタケから出汁 | トップページ | 乾燥アミガサタケ »