« 震生湖で クリタケ? | トップページ | 震生湖付近で »

2007年11月10日 (土)

青森から 米とキノコ

1110
親族が育てたお米ともち米、そしてキノコの塩漬け。

今日は天然エノキタケのシロに行った事を書くつもりだったが、その前に青森の親族からのお米とキノコにゴッチャンデスの記事。

日曜日、親族から届いたのは米“まっしぐら”、もち米は“あねこもち”と、キノコはナラタケ・サクラシメジ・ヌメリスギタケモドキ・ウラベニホテイシメジ・そしてハナイグチと5種類の塩漬け。

米は私が印刷して送った袋に入れてあり、これだけでも美味しそうに見える。
キノコが入っているビンを良く見ると、焼酎のカップがある。
仲間とキノコ採りの後で呑んでいる焼酎だろう。(呑みすぎるなよ)

1110_1 1110_2
届いたその夜はもち米でイカメシと、全種類を塩出しして炊き込みご飯。

1110_3 1110_4
仕事場での昼食に雑炊やらキノコ蕎麦。
この調子で食べるとキノコはすぐ無くなっちゃいそうだ。
無くなったらまた送って頂戴。

貰って食べるのもいいが、やはり自分で採って食べたい。
この辺りでは食べられるキノコはなかなか採れないが、探せば少しは採れる。
その少しは採れる天然エノキタケの話しは明日また。

|

« 震生湖で クリタケ? | トップページ | 震生湖付近で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青森から 米とキノコ:

« 震生湖で クリタケ? | トップページ | 震生湖付近で »