« ナラタケは蕎麦がいい | トップページ | 震生湖をひと周り »

2007年11月22日 (木)

青森からりんごが届く

Photo 1

今年も故郷青森の叔母さんからりんごが届く。
りんご箱にいっぱいの、“クズりんご”だが、青森では一般的。
所謂高級品は、地元の人だって口には入らない。

箱に入れた上のほうは痛みやすいので早く食べるように。
下のほうは“富士”で日持ちするから後で食べるように。
などと、子供に言い聞かせるように言うが、懐かしいその声は心地よく胸に染む。

一人息子が幼い時に夫を亡くし、以来女手一つで育て上げた。
その叔母さんも、孫の受験に気を揉んでいると言う。
少しばかり心配の種があるほうが、元気で長生きするだろう。
足腰が弱ったとはいえ、声は未だ健在だ。
もうしばらく、いや、ずっと元気で長生きしてほしい。

2 3

上のほうに入っていたのは、品名は判らないが大きなりんごがゴロゴロ。
左のりんごは550gで色合いがあまり美味しそうに見えない。
右のりんごは230gで、スーパーの安売りアメリカ産だが見た目は美味しそう。
しかし、味は雲泥の差で、“クズりんご”にしては驚くほど美味しい。
アメリカ産はまだ3個残っているが、もう食べる気がしないのは当然で、国産のスーパー安売りりんごでも足元にも及ばない。

りんごが届いたころ、お客さんが来たのでお裾分け。
このお客さんには、昨年も届いた日に来てお裾分けしている。
たまにしか来ないお客さんなのに、運がいいなあ。
他のお客様にもお裾分け。

叔母さんありがとう。

|

« ナラタケは蕎麦がいい | トップページ | 震生湖をひと周り »

コメント

市場性からすると”クズ”リンゴなのでしょうね。
流通するかしないかで見るとそうなるのでしょう。

「事件は現場でおきている」ではありませんが、
美味いものはなかなか出回りませんし、
美味いタイミングとかもあるのでしょうし、
兎に角、美味そうなリンゴですね。

家では嫁が紅玉を煮て、デザートのトッピング用に
ストックしていました。
紅玉はまた、都市部で買うと安くはないのですね。

投稿: OKNO | 2007年11月24日 (土) 20時42分

不揃いなりんごなんですよね。
一個ごと売ってるりんごは美味しいけど高い。
まとめて売ってるのは形は良くても美味くない。

子供のころ、紅玉は“クズりんご”の代表格でしたが、今はなにやら格が上がっているらしいです。

投稿: シーガルハウス | 2007年11月25日 (日) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青森からりんごが届く:

« ナラタケは蕎麦がいい | トップページ | 震生湖をひと周り »