« 運動公園で | トップページ | 真鶴港でタモ網掬い »

2007年10月22日 (月)

4週間ぶりに真鶴港へ

1021

21日の日曜日。
午前中仕事をし、昼過ぎに真鶴港に到着したら、いつもの岸壁は真鶴魚まつりで賑わっていた。

1021_1 1021_2

釣りをしている人は居ない。(当たり前か)

1021_3 1021_4

魚を安く売っていたが、釣りに来たのだからと買わない。
イカを焼く匂いが香ばしく、これには負けて遅めの昼飯に。

1021_5 1021_6

釣り場は遊覧船発着場の横にする。
ほぼ1ヶ月ぶりの海で、来ただけでも気持ちが良い。
昼飯を食いながら海面を眺めるとトウゴロウイワシの群れ。

1021_7 1021_8
左:トウゴロウイワシ   右:小メジナ

祭りの方に人が行ってしまったのか釣り人は少ない。
トウゴロウイワシや小メジナが釣れている。

1021_9 1021_10
左:ササノハベラ   右:マハゼ

まずはジャリメ餌でチョイ投げ。
ササノハベラ・マハゼと、この2匹釣るのに1時間。
他にハゼ類・小メゴチが“飽きる程度”に釣れてくるだけで魚影は薄い。
(腕が悪いか?)

1021_11 1021_12
左:メバル   右:小メジナ

投げは放り込んだまま置き竿にして、オキアミ餌の浮き釣りを始める。
コマセは、撒くとワンサカ小メジナばかり来るので使わない。
それでも大半は小メジナが釣れてくる。

1021_13 1021_14
左:ウルメイワシ   右:ネンブツダイ

隣のグループは、コマセを撒いてトウゴロウイワシや小メジナで喜んでいるが、こちらは興味が無い。
どちらかと言えば多種類を釣るのが好きだが、あまり釣れない。

それでも久し振りの海なのでまったりと楽しむ・・・
が、祭りの音と、対岸ではバンドが演奏しているらしく喧しい。

釣れない時間が長いので、その間タモ網とカニ籠で遊ぶ。(この話は次回)
もう帰ろうかと思ったころ、なにやら海面がザワザワ・・・
突然直ぐ前で、バシャバシャ・ガボガボとナブラがたつ。
サバかソウダガツオだろうが、慌ててサビキを取り出すも遅く、一瞬の出来事。

大した物は釣れなくて、魚を買っておけば良かったかなと思いつつも、気持ちが良い午後を満喫した。

|

« 運動公園で | トップページ | 真鶴港でタモ網掬い »

コメント

日曜は、急遽時間ができ、真鶴に行きました。
いつものように早朝出動なので時間帯が合いませんでしたね。

お祭りはびっくりでした。
このため、以前の低位置の魚座の向こうの突堤先端部で釣りました。
秋晴れで気持ちよい半日でした。

帰りにお祭りに寄ってみようかと思いましたが、
随分込んでいたので回避し、真鶴駅の手前の「にとう」という魚屋で
干物を買って帰りました。

詳細は後日ブログに書きます。

投稿: OKNO | 2007年10月22日 (月) 12時33分

OKNOさんも真鶴へ行ったんですか。

午後でもカマスは随分ありましたよ。
買って一夜干しでも作るんだったなと、後悔しています。

投稿: シーガルハウス | 2007年10月22日 (月) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4週間ぶりに真鶴港へ:

« 運動公園で | トップページ | 真鶴港でタモ網掬い »