« アゲハチョウ 幼虫から蛹へ | トップページ | 真鶴港でマイワシ釣り »

2007年9月 2日 (日)

真鶴港でイワシ釣り

911_9
真鶴港

土曜日、小雨が降る中、真鶴港に着いたのは10時半。
着いたら雨は上がり、釣りには絶好の曇り空でやや涼しいくらい。

911_2_6 911_1_5

釣りをしているのは、岸壁の左側に2組、右側に1組。
左側ではこの日もウルメイワシが入れ食い状態。
左端の親子連れは投げ釣りでイワシは釣れず、子供が羨ましそうに見ていた。

私は真ん中の位置で釣ることにし、まずアミコマセを海水に浸けて溶かす。
ここで、都内の仕事仲間Tさんの息子が釣りに来てびっくり。
カップル2組で(一番上の写真)うらやましいこと!

911_3_2 911_4_2

アミコマセが溶ける間に、カニ籠を仕掛けてカニあるいはタコを夢見る。

溶けたアミコマセを何度か撒き、釣りを開始すると直ぐに入れ食いが始まる。
釣れるのは13センチから15センチのウルメイワシ。
珍しく小メジナがおらず、イワシの群れが追っ払ったのか?
私はサビキだが、隣で釣っているT息子のトリック仕掛けにも小メジナは掛からず、釣れるのはイワシだけ。

911_5_2 911_6_2

あせらずにゆっくり釣るも、昼までの1時間で100匹は越えたか。

さて今回は、ただ釣るだけでは面白くない。
鮮度を保つために、釣ったら直ぐに頭と内臓を取りクーラーに仕舞う。
と、クーラーに仕舞う前に。

911_7_4 911_8_3

さらに手開きし、皮を剥けば刺身の出来上がり。
小葱と生姜を載せて、ウルメイワシ刺身丼で昼食。
美味かったがご飯に難があり、炊き立てならもっと旨かったろうに。

カニ籠には何も入らず。
たぶん、足元にイワシの頭と内臓を放り込んであるのだから、わざわざ籠に入ることは無いのだろう。
この次は、取った頭と内臓をカニ籠に入れて放ることにしよう。

午後からはウルメイワシよりマイワシが釣れだす。
この話は次回。

|

« アゲハチョウ 幼虫から蛹へ | トップページ | 真鶴港でマイワシ釣り »

コメント

真鶴、イワシが来てますね。
それにしても、その場で”丼”とは・・

先週やはりウルメイワシだらけでした。
その場で頭とワタを取って持ち帰り、
生姜炊き、みりん干し、刺身で食しました。
刺身は脂があまり乗っていないせいかもう少しでした。
でも、現場で”丼”はぐっと来ます。
さすが”師匠”。
マイワシも釣れたようですが、どうなったのでしょうか?

投稿: OKNO | 2007年9月 2日 (日) 21時04分

見た人はさすがに驚いていました。(笑)
丼の他にもう一つ作ったんですよ。
後で更新しておきますのでお楽しみに。

投稿: シーガルハウス | 2007年9月 3日 (月) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真鶴港でイワシ釣り:

« アゲハチョウ 幼虫から蛹へ | トップページ | 真鶴港でマイワシ釣り »