« 暑い暑い | トップページ | 真鶴港で籠遊び »

2007年8月19日 (日)

真鶴港でウルメイワシを釣る

819
真鶴港

夏休みを取りたくないのに、夏休み状態・・・は今日まで。
明日からやっと仕事が動き出す予定で、長く感じる1週間だった。
最後の?日曜は泳ごうかと思ったが、起きるのが遅い、用意が面倒、なのでとりあえず真鶴港にでも行ってみることに。

真鶴港には11時に着く。
岸壁で釣りをしているのは他に1グループのみ。
投げ釣りをしているようだが、何も釣れていない様子。

昼飯には早いし、ひとまず何か釣ってみるかと、用意してきたアミコマセを溶く。
特に何を狙うでもない、熱帯魚などを釣って写真を撮れたらいい。

819_1 819_2
左:小メジナ   右:熱帯系アジ科

極小仕掛けで浮き釣りをするも、掛かってくるのは小メジナばかり。
やっと熱帯系アジ科(一般的にはメッキと呼んでいる)が1匹のみ。

昼飯を食い、他の仕掛け(この話は次回)を何やらしていると、隣で鰯を釣り上げた。
見るとウルメイワシの4匹がけ。ムム・・・イワシが居るのか!
直ちに浮き釣りからサビキ釣りに変更。

が、30分何も変化はなく、隣も、さっきは何だったんだろうと首をかしげる。

819_3 819_4
左:ウルメイワシ   右: 上がウルメイワシ 下がマイワシ

やっと待望のウルメイワシが上がったのは1時ごろ。
それから2~3匹釣れてはお休みの状態が続く。
群れが回ってくればバタバタと釣れるのだが、段々多く釣れてくるようになる。
2時過ぎには、群れも定着してきたのか飽きない程度に釣れてくる。

ここで、「釣れますか?」と家族連れがやってきた。
丁度今釣れだしたぞと言ったら、直ぐに釣り始め、なんと彼らは入れ食い!
この違いは、彼らの直ぐ近くで別家族もコマセ釣りをしているせいだろう。
撒かれるコマセ量が多いほど定着率も高い・・・と思う。

3時半ごろ、コマセ切れで終了。
マイワシ・コサバも釣れ、全部で30匹以上。
隣の家族は釣った20匹近くを貰ってほしいと言い、ありがたく頂戴する。

暑い日であったが、釣れると暑さは感じないものだ。熱中症には十分注意)

819_5 Dsc04698_l

イワシ類は足が速いので、釣れたら直ぐに頭とワタを取りクーラーに入れる。
調理は氷水で洗い、冷たい状態のまま数匹ずつ手開きして皮を剥ぐ。
身が柔らかくて大変だが、慣れると上手く剥ける。
もちろん、旨かった。

ここでのポイント。
真鶴港は5~10センチの小メジナが異常に多く、アミコマセをこすり付けるトリック仕掛けでは、イワシより先に小メジナの猛攻にあうのでサビキがいい。

|

« 暑い暑い | トップページ | 真鶴港で籠遊び »

コメント

コメントありがとうございます。
釣りは私も大好きです。
若いころは海釣りに没頭しましたが、遠征する金が続かず今は近場の渓流で岩魚、ヤマメ釣りを楽しんでいます。
本来、山菜、キノコより釣りが大好きです。
これからもよろしくお願いたします。

投稿: 昆寛 | 2007年8月19日 (日) 22時49分

私も本来の趣味は釣りなんですけど、最近は1日中続ける気力・体力が無く、もっぱら近場の里山や公園探索です。

私の郷里青森と昆寛さんの岩手は隣県で、懐かしさを多々感じております。
これからも懐かしい話題をお願いします。

投稿: シーガルハウス | 2007年8月20日 (月) 08時25分

”メッキ”はこちらでは「ギンガメアジ」のことを言いますが、同じ?

投稿: 天然食材探し | 2007年8月20日 (月) 12時48分

ギンガメアジとか何種類かあるようですが、見分けは難しいそうです。
その何種類かの幼魚の総称のようですね。

投稿: シーガルハウス | 2007年8月20日 (月) 13時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真鶴港でウルメイワシを釣る:

« 暑い暑い | トップページ | 真鶴港で籠遊び »