« 春シメジ | トップページ | 震生湖付近を探索 »

2007年4月27日 (金)

献血

献血は年に3回(1回400ml.)している。
もっとしてもいいと思っているのだが、規則で年1200ml.までと決められている。

その昔、私が少年の頃、血は売れるものだったそう。
働かないで何度も売り、血が薄くなるなど様々な問題もあったようだ。

427_l 427_l_1

年4回、3ヶ月ごとに秦野市役所に献血車が来る。
前回の1月は寒いので見送り、今回は半年振りの献血。

427_l_2 427_l_3

受付を済ませ、花でも眺めながら順番を待つ。
今回は出る前に血圧も測り、140/85とまずは問題ない。
自分での測定値は、医師による測定値より5~10ポイント高い。(普通は逆だそう)

順番が来て献血車に乗り込むと、老医師と看護婦(看護婦と呼びたい)3人。
が、今回の看護婦は若い(とは言え30代だろう)のが2人で、しかもお好みタイプ。
気分は直ぐに血圧に現れ、145/90!!!あれ、思っていたより10ポイントも高い!

その若い看護婦に腕をとられ、針を刺されるのだが、何時もより痛みも感じない。
献血中、その若い看護婦は、5本指の靴下を履いていて、笑いがこみ上げてくる。
笑いをこらえようと手で顔を覆うと、「気分は大丈夫ですか?」と聞かれる。
「エ・・・ダ・大丈夫です」と答えるも、看護婦は心配そうに何度か顔色を見ているよう。
5分ほどなのに、何と長く感じたことか。

427_l_4 427_l_5

献血が終わるとお土産がもらえる。(これが目当て?)

|

« 春シメジ | トップページ | 震生湖付近を探索 »

コメント

昔、学生の頃、あまりにも暇なので友達と新宿で献血しました。
そのとき以来の献血手帳を今も持っています。
確かそのときは、トマトジュースを貰ったような・・・・

それにしてもなんと豪華なお土産でしょうか。
当時卵20個あれば、1週間の食事OKの学生時代でしたから。

投稿: OKNO | 2007年4月27日 (金) 22時12分

献血手帳は廃止になり、カードになりました。
少し、残念なような・・・

投稿: シーガルハウス | 2007年4月28日 (土) 14時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 献血:

« 春シメジ | トップページ | 震生湖付近を探索 »