« 忙しい合間にも震生湖を散歩 | トップページ | 秦野福寿弁財天 »

2006年10月 2日 (月)

早川港で小物釣り

061001_l_1
早川港(小田原漁港)

自営業の私は一般の休日に休むことは少ないし、一日丸々休むことも少ない。
日曜でも何かしらの仕事をするので、まず遠出が 出来ない。
最近は近場でキノコ探しに精を出しているが、本来は釣りや磯遊びが好き。

良く行く海は真鶴だが、車で往復2時間強(道が空いている時で)かかるので、半日仕事をしてその後半日磯遊びするにも時間が足りない。
海に行くにはゆっくり一日休んで行きたいものだ。

昨日の日曜日は丸一日休むことが出来、前日の天気予報でも一日曇りで雨は夕方から、というので久し振りに釣りに行くことにしていた。
朝、予報通りの曇り空に期待を込めながら(天気が悪い方が釣れる?)出かけるが、途中雨が降り出す。
空を見ても良くなりそうもないし、西に向かうほど降っている。
折角好きな釣りに行くのだから少々の雨は・・・と言いたい所だが、濡れるのは嫌だし雨具を着てまではしたくない。
ということで雨をしのげる所で釣りが出来る早川港に行く。

061001_2_l 061001_1_l

休日の早川港は釣りをする家族連れで賑わっているのと、小物しか釣れないので敬遠する所なのだが、さすがに朝から雨だと人も少ない。
ここでの狙いは、刺身にすると旨いトーゴローイワシなのだがこれもまた居ない。
周りでも全く釣れている様子が無いのでハゼとメゴチを狙う。(数は釣れない)

餌のジャリメは港の目の前にある釣具屋で仕入れる。
釣り場は小田原市場の屋根の下、すぐ目の前が岸壁で港内に向けて20メートルほど投げて釣る。(チョイ投げと呼ぶ)
隣で釣っている家族も同じようにハゼなどの小物を狙っているが釣れていない。
が、私は1投目から良型(ここでは最大級)のメゴチを釣り上げ、2投目・3投目と小さいながらハゼを釣り上げる。
隣の家族連れが驚きの面持ちで眺めているのがまた愉快。

061001_7_l 061001_6_l
メゴチ

061001_11_l 061001_13_l
左:スジハゼ   右:サビハゼ

小さくても魚は魚だが、小さいからこそ釣るのがまた難しい面もある。
多くの家族連れは市販の仕掛けを使用しているが、なにせ針が大きい。
仕掛け自体も大掛かりなので、もっと小ぶりなのが欲しい。
私が使用している仕掛けは、ワカサギ釣りの仕掛けで、夏場は売っている店が少ないので冬に買っておく。
針が小さくて餌を付けるのが面倒だが、魚が居れば必ず釣れる。
この時期は、場所を選べば熱帯魚も釣れる。(今度狙ってみようかな)

小さな子どもが居る家族では、小さい魚でも色々釣れるのは楽しい。
透明のケースに入れ写真を撮り、アルバムやオリジナル図鑑を作るのもいい。
さらに釣った魚を空揚げで(小さいから)食べるのがまたいい。(ハゼ類は美味)

他に釣れた魚。

061001_8_l 061001_4_l
左:チチブ    右:ハオコゼ(背びれに毒)

061001_5_lカゴカキダイ
熱帯魚みたいだが、年中見られる。
これは小さくても引きが強く、楽しい魚。

061001_14_l
岸壁を網で掬うとエビと稚魚が捕れる。

勿論釣った小魚は持ち帰って空揚げにし、メゴチは少ないながらも天麩羅に。
久し振りに充実した一日で、殊更ビールが美味かった。
料理の写真は、見た目がよろしくない出来だったので今回は無し。

|

« 忙しい合間にも震生湖を散歩 | トップページ | 秦野福寿弁財天 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早川港で小物釣り:

« 忙しい合間にも震生湖を散歩 | トップページ | 秦野福寿弁財天 »