« アシナガバチに刺される 2 | トップページ | 表丹沢県民の森 黒竜の滝 »

2006年9月16日 (土)

アシナガバチに刺される 3

軒先を無償で貸してやったのに、恩義が全く無いアシナガバチに刺されて3日目。
左手は指の真ん中辺りから肘の辺りまで腫れる。
肘の方は少し腫れている感じがする程度だが、手の甲と掌はパンパン。
相変わらず熱と痒みは続いているが、痛みは無いのが幸い。

Dsc09874_l刺されたのが利き手では無かったので、仕事は何とか出来そう。
しかし、薬を塗って痒みは少し押さえられるも、熱っぽさがたまらない。

そこで、今度は小さめの保冷材を用意。
軍手と薄手の手袋も用意し、作業がしやすいように指先をカット。

Dsc09887_l Dsc09889_l Dsc09890_l

薄手の手袋と軍手の間に凍った保冷剤を入れる。
これはなかなか具合が良く、冷たさが痒みも押さえられるようだ。
それでもやはり作業はやり難いが、何とか予定分は終わらせる。

4日目の朝は、腫れてはいるものの痒みと熱っぽさが無い。
昼頃からは腫れが退いてきているのが感じられ、夕方にはかなり軽くなる。

5日目の朝になると腫れは殆んど退いたが、甲の刺された部分辺りが少し赤い。
まあ、これで治ったと見ていいだろう。

Dsc09902_l取り除いた巣をアクリルケースに入れて飾っておいたら、幼虫から羽化した蜂が4匹。

このままおいておけばまだ数十匹の幼虫がいるようなのでこれが次々に羽化したら・・・

また刺されるな、これは・・・と友人の弁。
明日は処分しよう。

近くのアウトドアーショップに蜂毒吸引器を買いに行ったら運悪く品切れ。
直ぐ入荷するそうで、良く売れているらしい。

因みに、春より秋の蜂毒の方が強烈だと北国の親族の話。

|

« アシナガバチに刺される 2 | トップページ | 表丹沢県民の森 黒竜の滝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アシナガバチに刺される 3:

« アシナガバチに刺される 2 | トップページ | 表丹沢県民の森 黒竜の滝 »