2020年1月13日 (月)

川を散歩

3286
  
昨日も今日も午後から仕事をしている。
それほど忙しい訳じゃないから合間に出かけてみる。
この前クレソンを探しに行ったら生えていなかった。
  
なので別の川へ行ってみると。
流木にヒラタケが生えている。
乾燥してカラカラだけど、水で戻せば食べられる。
出来れば新鮮なのが欲しいけど、なかなか見つからない。
  
3291
  
そしてその傍に鹿の頭骨。
胴体などの骨はないから流されてきたのか。
角が折れていないから持ち帰る。
飾っておくか。笑

| | コメント (0)

2019年11月19日 (火)

ほだ木のシイタケ

3158
  
軒下に置いてあるほだ木からシイタケが育った。
このほだ木は孫娘が体験学習で植えた。
  
それがまあ立派に育って。
この段階で手の平サイズ。
採って食べさせてやれと息子に言っておいた。
  
日曜日は弘法山を歩いたけど。
シイタケやキノコ類は見つからなかった。
伐採木が少ないからなあ。
10年ほど前は良く見つけたものだけど。

| | コメント (0)

2019年11月14日 (木)

シイタケが生えた

3142
  
昨年の秋だったか今年の春頃だったか。
里山でシイタケを見つけた時。
持てるような長さの木を拾ってきた。
猫の爪研ぎ用にしてあげようと。
  
運が良かったらシイタケが生えるかも。
シイタケじゃなくても他のキノコぐらいは生えるかな。
とは思ったけど全く気にしていなかった。
  
そして気が付いたら大分大きくなって出ていた。
猫に餌をあげる時など眼に入るはずなのに。
出始めた時は全く気が付いていない。
  
同じ所に息子が買った椎茸のほだ木も置いてある。
こっちは小さな芽が出てきたところ。

| | コメント (0)

2019年9月21日 (土)

まだ出ないか

3025
  
昨年タマゴタケがビックリするほど出ていた里山。
先週末は出ていなくて、今週末かと思っていた。
  
昼前にちょっと出かけてみたが何も生えていない。
時期がずれているのか雨が足りないのか。

| | コメント (0)

2019年9月15日 (日)

次の雨後か

3013 
  
昨年の今頃はヤマドリタケモドキとタマゴタケが採れた。
今はどうかと行って見たが、ベニタケ類がポツポツ。
出てくるのは次の雨後になるかな。
  
画像はノウタケ。
見た目も中身もまるでパン。
毒はないから食べてみよう。

| | コメント (0)

2019年4月15日 (月)

竹林へ

2696
   
トガリアミガサタケは終わったようだ。
次は白いアミガサタケが出る頃。
まずは実績のある竹林へ行って見たら。
   
トガリアミガサタケが5本ばかり採れた。
ここの個体は皆大きい方。
2週間前に採った個体と比べたら1.5倍〜2倍もあった。
環境の差なのかな。
   
白いアミガサタケはGWの頃に何度か採ったことがある。
竹林に生えていたことが多く、コナラ林にも生えていた。
   
見つけるには行動力あるのみ。
広範囲を探して歩き廻れば、健康にも良いぞ!!!

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

見つからなくなった

2629
アラゲキクラゲ 3月31日 里山
   
数年前の近くの公園では伐採木があちこちに積まれていた。
そこではキクラゲ類など多く見られた。
見つけたら必ず採り、食べきれない時は乾燥保存。
   
そこが大規模改修で綺麗になってしまった。
伐採木など何処にもなくなり。
公園内も明るくなり、暗く湿った所などなくなった。
   
これではキクラゲ類など生えるところがない。
それからはたまに見つけても数個程度。
   
公園は綺麗になったのだから仕方ないけど。
里山でもまた少なくなったような気がする。
その環境はあまり変わっているようには見えないが。
やはり某か変化しているのだろうか。

| | コメント (0)

2019年3月31日 (日)

天然乾燥椎茸

2618 
   
落ち葉を集めに里山へ行ったら。
伐採木に干からびたキノコ。
これはシイタケかな?
   
2619 
   
やはりシイタケだ。
雨が少ないからカラカラに乾いている。
何もせずに乾燥椎茸が手に入った。

| | コメント (0)

2018年9月24日 (月)

釣りもキノコも不調

2072
 
昨日は昼前まで仕事をし午後は釣りへ。
いつもの真鶴港へ着くと珍しく人でいっぱい。
殆どが家族連れで、あまり釣れていないようだ。
 
ここで遅い昼食を食べながらしばらく見物。
30分ほど見ていたが、全く釣れていないようだ。
ならば釣りは後回しにしてキノコでも探そう。
 
2083
 
と、真鶴の森を歩くが、風もなく蒸し暑い。
こういうところを散策しているのに不快感。
これというキノコも目につかず、尚更不快。
 
それでも図鑑用に何種類か撮れたからまあ良いか。
そしてまた港へ。
 
3時頃になると帰る人も居て空きが出来る。
一応釣り座を構えるが、周りは殆ど釣れていない。
見て回るとウルメが少し廻っていたようだ。
 
小物を求めて釣り始めるが、その小物が居ない。
この季節は様々な幼魚がわんさか居るはずなのに。
餌も取られないなんてちょっと変。
 
そして粘ること1時間。
4時頃からウルメが廻ってきた。
 
しかし、群れは小さく食いもあまり良くない。
二人で1時間釣ったのにたった20匹。
 
図鑑用の小魚も何とか5種類釣っただけ。 
釣れないなあ。

| | コメント (0)

2018年9月17日 (月)

キノコ探しで満足

1
 
昨日は朝から一日キノコを求めて走り回った。
震生湖や公園、里山から住宅地の緑地帯など。
 
2
 
雨が多かったのが良かったのか。
それとも当たり年なのか。
タマゴタケとヤマドリタケモドキはあちこちに生えていた。
 
3
 
次男と二人で採ったタマゴタケとヤマドリタケモドキ。
ススケヤマドリタケも混じっているだろうけど。
今一つはっきりしないので黒っぽいのがそれだろう。
 
他にも様々なキノコは写真だけ。
食べるのはこの3種類。
昨夜食べたけど美味かったなあ。
 
今日は暑いから外出はしない。
写真を整理し、図鑑を作りを進めなきゃ。
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧