2017年3月29日 (水)

角Rは自分で

1988

集合住宅向けの安否確認マグネット。

急ぎの依頼だったが、肝心のマグネットが間に合わない。
角をRに抜いた状態で仕入れると時間が掛かるそうだ。

そこでお客様は自らRを加工するとのこと。
単に切っただけのマグネットを当社へ支給。

速い場合は1日でも印刷出来る当社だが。
さすがに両面を1日では無理がある。

マグネットが届く日にまず片面印刷を予定し。
翌日にまた片面を印刷して乾燥し、3日目には発送。

予備は1枚もなかったが。
お客様は失敗しないで切れたのか。

このようなマグネットは使われない方が望ましい。
忘れた頃にやってくる大地震。

そろそろまた・・・
用心しても仕方ないことなのだが。
心構えだけでも。

両面マグネット印刷、小ロット対応可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

Tシャツは仲間へ

Img_6653

土曜日のバッグと同じロゴをTシャツに印刷。

Tシャツ印刷はやはり布印刷を扱っている仲間がふさわしい。
30着と小ロットだが、仲間は進んで請けてくれる。

納期も通常は1週間程度。
お急ぎ希望であればそれに応えてくれる。

多色刷りも勿論。
靴下やニットなどにも可能。

仲間は直接紹介します。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

仕事になった

1999

土曜日午後と日曜は突然休みになった。
と思っていたのは土曜の昼前まで。
突然材料が届き、そして急ぎ希望と連絡が入る。

数件が延期になってホッとしていたところ。
趣味の菜園の手入れや釣りでも行こうかと。
気分はすっかり休みモードに入っていたのだが。

まあ、仕方が無い。
ここは仕事を優先するしかない。

依頼は電気関係の筐体へロゴ印刷。
数種類があり、とても全部は月内で終わらない。
取りあえず急ぐのだけを先に取り掛かる。

でもその前に。
月内納品はまだ数件残っている。
先にそれを手掛けなくてはならない。

と、土曜日曜は仕事。
昨日は真冬に戻ったような寒さと雨。
仕事には都合が良い日だった。笑

筐体への小ロットロゴ印刷可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

バッグにロゴ

1976

ポリエステル製の小さな手提げバッグ。
手提げ紐の縫い目ギリギリにロゴを印刷。
インクはSG740ゴールド。

見た目では判らないが、素材は固くかなりエンボス調。
1回刷りでは細かい線が出ず、2度3度続けると潰れる。
刷りの加減や返しの回数なども工夫が必要。

さてさて、先日から数件の月末納期が延期になった。
年度末で、何とか納品しておきたいという目論見で。
来月早々から使用するというものでもないのだろう。

延期なのでキャンセルとは違う。
来月に延び、正直言って少々ホッとしている。

予定では今日も明日も休まずに、30日まではびっしり。
少し疲労感も感じ、嫌な気もしていたところ。

おかげで今日の午後と明日は休める。
ゆったりした気分で趣味を楽しむとするか。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
お急ぎ、小ロット希望の問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

印刷の強度

1989

と問われてどう答えたらいいものか。
大概は、爪で引っ掻いても大丈夫と言う程度だろう。

先日もそんな事を訊かれた。
それに対し、私が毎日持っているガラケーを例にした。

印刷したのは3〜4年前。
本体はアルミの染色だろう。
それにSG740のシルバーで印刷。

私はほぼ1年中Gパン姿。
ケータイは尻ポケットに入れている。
ケースに入れるようなこともせずそのまま。

本体の角はすり減ってきたが、印刷は全く問題無い。
これを見れば通常の使用では問題無いだろう。

シルクスクリーン印刷での名入れ。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

年度末らしく

1963

なってきたのか忙しい。
先週から頼まれてくるのは急ぎばかり。
とは言っても半分は関係なさそうな案件。

画像の件は年度末とは関係ないだろう。
かなり面白い商品で、その商品名を印刷。

商品名は20㎜程。
どちらも緩やかな曲面で、普通はパッド印刷しかできない。
そこを無理矢理シルク印刷で行うのが当社流。

まだあまり売れていないので小ロット。
当然、印刷代もかけられない。
そこで、パッド印刷よりはるかに短時間で済むシルク印刷。

急ぎ依頼は年度末だろうが関係ない。
当社は何時でも応じております。

小ロットお急ぎ依頼の問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

アタリはきっちり

1952

有名楽器メーカからの依頼。
ギターのピックガードにオリジナルのデザインを印刷。

印刷色はシャンパンゴールド。
SG740で印刷するが、それだけでは引っ掻きに弱いだろう。
同じ版でその上に、MS8のメジュームで印刷。

問題はこの形状。
直線なら位置決めもパシッと正確に置ける。

しかしこの場合は、力の入れ加減でズレる事もある。
細心の注意を払わねば。

ピックガードの素材は黒の塩ビで艶有り。
ちょっとした擦れでも傷が着く。
こっちの方も慎重に。

因みにロットは50枚。

塩ビ製品への小ロット印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

癖のある紙袋

1968

この紙袋は一番安価なのかも。
20枚一束だったが、まるで真空パックのようにぎっちり。
おかげでごらんのように皺や縒れ状態。

この状態に印刷するとなれば、専用の印刷台でも必要。
しかし当社は、袋類を専門に印刷している訳でもない。
印刷台はごく普通で、これから工夫しなくては。

当社は米袋に印刷をしている。
米袋はこれほどでないけども、ある程度はボコボコとしている。
それにも特別な治具などを使用する訳でもなく。
割と普通に印刷している。

その経験があってか、この袋もそれほど難しくはなかった。
それでも、2000枚印刷した中で30枚ほど不良が出た。
不良とは言っても一部が滲んだ程度だが。

因みにメーカーでは40日納期だとか。
今回の納期は2週間だったが、当社ではそれでも余裕。
1週間でもお請け出来る。

メーカーでは遅すぎるという場合。
下記へ問い合わせを。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

勘違い

1979

この前サンプルで印刷したアクリル成形品。
なんと裏表を間違えてしまった。

支給素材と一緒に、印刷位置見本まであったのに。
どうした訳か間違えるとは。

当方は毎日のように急ぎの件が来る。
この件も搬入されるや直ちに印刷し即日発送。

この日は他にも数件が急ぎで、それ等は全て同時進行。
勿論仕様書などはしっかり見ているが。
ついうっかりしてしまった訳だ。

それでも完成時には再確認をするのだが。
たまにそれを怠る時があり、この時はやはりそれ。

再確認で間違いを発見。
慌てて刷り直しということは時たまある。
それは殆ど刷り直しが出来る場合。

刷り直しが出来ない場合は。
そういう時はやはり慎重になっていて。
しっかり何度も確認はする。

ミスは極力犯さないように。
と、常々思ってはいるが、完璧という訳にはいかない。

サンプル印刷超速!
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

バッグハンガーにロゴ印刷

1951

テーブルに引っかけ、バッグをかけるというハンガー。
あるファンクラブの御用達だそうだ。

見た目には全く分からない。
使用するのはほぼ女性だけだろう。
男にはどうでも良いか。笑

最近はこういう商品への名入れが多くなった。
市販商品を支給される場合は予備が無い事も多い。
あったとしても1個か2個程度。

予備が無いと、試し刷りをしたくても出来ない。
素材が分からない時は。
取りあえず汎用性の高いインクで刷ってみる。

運良く剥がれなかったらそのまま進む。
簡単に剥がれたらそれは完全に合っていない。
綺麗に剥がれたら、これはまだ良い。

困るのは中途半端に剥がれる場合。
全部落としたくても落ちない時など。
えらく困ることも時たまある。

市販商品への名入れ印刷。
小ロットも可能です。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«厚みの違いで